立ち居振る舞い

名古屋の女の子の「間違いない」振袖レンタルガイド

着物は着慣れていないととても動きにくいですよね。浴衣で歩くのだって結構大変なので、振袖となればもっと動きにくいもの。足袋に草履も履きなれないので足元だっておぼつかない感じです。

では、どうしたらキレイに着こなせるのか、ポイントを紹介します

動作の美しさが振袖着こなしのカギ

洋服の時のように大股で歩くことはできないですから、これは振袖を着たら自然に小幅で内またになるから心配しなくて大丈夫
でも、階段とか乗り物に乗る時とか足が見えちゃうのはどうすればいいの?と気になります。

できるだけ肌が見えないように!が基本

基本的にはできるだけ肌が見えないように行動するのが良いのだそうです。

手を伸ばしたりするときも、片方の手で袖口をおさえるようにします。長い袖がパタパタならないようにするのも大事です。階段を上る時も、裾がはだけないように少し手を添えます。そうやってひとつひとつの行動をゆっくり慎重に…と心がけます!

車に乗るしぐさも立っている姿勢も「優雅」に

車に乗る時は、横向きになって座席に腰を下ろしてから、くるっと前を向いて座ります。つまりお尻から乗るイメージで。この時も長い袖がパタパタならないように片手で持っておきます。これがスマートにできると優雅で品の良い感じですね。

私は着物の姿がきれいに見えるのは姿勢かなと思います。背中がスッと伸びてるときれいですよね~

私は普段、あまり姿勢が良くないので、立っている時につい片足で立って休んでる感じになってしまうんですが、着物の時は絶対NGですね
とってもだらしなく見えてせっかくの振袖も台無しです。

振袖美人でいるには、とにかく気を抜かないで、細かいところまで意識をして動かすということでしょう。久しぶりにあう友達に、「見違えちゃった~!」なんて言われたいですよね

大人気!名古屋の振袖レンタル店BEST5