男性の振袖レンタルの基礎知識

女性の振袖や和服姿も非常に優雅ではありますが、男性も和装をすると雰囲気が変わります。そこで、袴のレンタルをしたいと思っている男性のために基礎知識についてご紹介しましょう。

男性の袴レンタルに関する基礎知識

卒業式や成人式のために袴を選択する方が増えてきました。ただ、袴は一生を通して何回も着るものではありませんよね。そのため、購入するよりもレンタルについて考えてみるのがおすすめです。

袴をレンタルするだけならばインターネット上から気軽に行えます。ただ、洋服とは違い、和服は着方が難しいため、袴のレンタルを行っているお店でそのまま着付けまでしてくれるところを選んでみましょう。

せっかくすてきな袴を選択したとしても全く着こなせていないようであれば意味がありません。かえってだらしなく見えてしまうこともあるので注意したいですね。

袴について

袴とは、古くから礼装着として扱われてきました。弓道や茶道、能、落語、茶道をする際に着用することもあります。袴の大きな特徴ともいえるのが、背中の部分に腰板がついているということ。

猫背の方などは背中が丸くなってしまうとせっかくの和装も決まりにくくなってしまいますが、腰板があるからこそ背筋をピンと伸ばすことに意識がむきやすく、カッコいい姿勢を保てます。

また、袴には縞袴のものと無地のものがあります。一般的に縞が太いものは若者向け、細い縞は年配向けと言われているのですが、近年は年齢にかかわらず細い縞を選択する方が増えてきたので、どちらにしようか迷った場合は細い縞のものを選んでおくと失敗せずに済むでしょう。

取り扱っている袴の種類はお店によって全く異なるので、レンタルする際には自分好みの袴があるお店を探してみてくださいね。

女性用の袴を代用品にできる?

卒業式や成人式の際に袴を選択する女性もいます。ご兄弟や親戚などで袴を持っている女性がいる場合、それを活用できるのでは...と思う方もいるかもしれません。

しかし、男性用と女性用の袴では長さが違うのです。女性の場合、胸の位置で半幅帯を締めることもあり、袴が長めに作られています。これに対し、男性用は腹の下に着用するため女性用より短いのです。腰板がついているのも男性用の袴の特徴なので、こういった違いをチェックしてみてくださいね。

レンタルであれば購入するのに比べて費用を抑えられるので、無理に知り合いの女性用のものを代用しようと考えるのではなく、費用を抑えられるレンタルも選択してみましょう。

大人気!名古屋の振袖レンタル店BEST5